経済

経済

在宅勤務が普及しても都心駅近マンションは最強?

在宅ワークが増え、オフィスの解約が相次いでいる。オフィスコストの削減の分、在宅ワーク手当が出ればと期待するし、その資金で家での仕事環境を良くしたい人も多いだろう。もう1部屋欲しい人の住み替えは増えてきており、ワンルームより1LDKのニーズが高くなるなどの需要の変化が見られる。コロナ禍での会社側の制度変更が進む中、自宅の購入も含めて視野を広げて検討すると正解が見つけられるはずだ。
0
経済

止まらぬコメ余り。生産量「93年冷夏」以下でも市場平穏

日本のコメが手に入らず、食べ慣れないタイ米に戸惑う――。戦後の稲作史の大きな節目となったのが1993年の冷夏で起きた「平成のコメ騒動」だ。あれから四半世紀あまりが過ぎ、2020年産のコメの生産量は93年産すら下回った。不作が理由ではない。消費減に応じて作付けが減り、今の水準が定着した。それでも「コメ余り」は止まらない…
0
経済

「早期リタイア」の理想と現実

1: 田杉山脈 ★ 2021/04/10(土) 19:35:22.73 ID:CAP_USER 早くお金を貯めて若くして仕事をやめる「早期リタイア」が注目を集めている。そのためのノウハウ本も数多く出版されており、情報サイトも花盛りだ。では...
0
経済

佐川急便、配送用トラックとしてEV車7200台を導入

中国の自動車メーカー、広西汽車集団が小型商用の電気自動車(EV)を日本企業に供給する。 SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして7200台採用することを決めた。 EVの普及で先行する中国製のEVが日本に本格上陸する事例となる。
0
経済

マクドナルドを「外食一人勝ち」に導いたカサノバ経営。その本当のすごさとは

コロナ禍でほとんどの外食産業が苦戦を強いられる中、日本マクドナルドは増収増益という驚異の業績を記録しました。2月9日に発表した2020年12月期決算によると、売上高は2883億3200万円(前年同期比2.3%増)、営業利益は312億9000万円(11.7%増)でした。
0
経済

日本の技術はなぜ中国に抜かれたのか。

2012年頃のことです。筆者は、日本と中国の製造業における技術格差について、周りの人によく次のようなことを口にしていました。
0
経済

鉄道の受注競争激化。日本は質の高さで勝負、中国は低コストで攻勢

東南アジアの大都市で、都市鉄道など社会基盤(インフラ)整備が急速に進み、受注競争が激化している。各国は、コロナ禍で落ち込む景気の浮揚策としてインフラ整備を拡大する構えで、大規模プロジェクトが増える可能性もある。ただ、中国企業が低価格で攻勢をかけており、「質の高さ」で勝負する日本企業が受注できるか正念場となっている
0
経済

トヨタ、新型GR86を初公開。9年ぶりモデルチェンジ

トヨタ自動車は5日、スポーツカーの新型「GR86」を初公開した。2012年に発売した初代86を9年ぶりにフルモデルチェンジ。エンジンの性能を高め、加速性と操作性がアップした。日本での発売は今秋予定で、価格は未定。
0
経済

東芝に外資系投資ファンドが買収提案か

大手電機メーカーの「東芝」が、外資系の投資ファンド、「CVCキャピタル・パートナーズ」などから買収の提案を受けていることが関係者への取材で明らかになりました。
0
経済

「FIRE」達成者はいかにして成し遂げたのか

「FIRE」という言葉が注目を集めている。「Financial Independence(経済的な自立)」と「Retire Early(早期退職)」の頭文字で、収入の一定割合を株式などへの投資に回し、ある程度まとまった資産を築いたら早期リタイアして会社や組織に縛られず、主に資産運用益で生活する生き方を指す。
0
タイトルとURLをコピーしました